新聞折込料金の違いについて

企業のより良いイメージを市場や消費者に定着させる事が何より収益拡大に繋がるのは事実です。ニーズ(需要)あってのシーズ(供給)です。

真剣にGirls Channelに今、注目が集まっています。

どんなに良い商品やスキルを有していても、消費者に周知されなければ意味がありません。
そこで新聞折込は一役買います。

インターネットやテレビと言う驚異的な速さで流れる情報媒体と異なり、ゆっくり時間のある時に手に取って目を通す事の出来る新聞折込という媒体は、一番消費者に寄り添う宣伝方法だと言う人もいます。

老若男女問わず物体として存在する新聞折込のメリットは、消費者の手元に残り続ける事が可能という点です。

新聞折込の料金がどんなものかご存知ですか。

企業は是非とも利用したい媒体ですが、利用料金についてあまり知られていません。

テレビコマーシャル料と比較すれば天と地ほどの差があり、どんな中小企業でも地元の地方紙に頼めば折込可能なのも嬉しい点です。

費用は広告の大きさやページ数、紙の質や色合い(一色刷り、二色刷り、フルカラー)によって異なります。


また全国紙か地方紙かによっても異なります。相場が公に出る事がないのは流動性があるからです。

物価の動向及び景気状況によって、かなり細かいスパンで価格が変動します。
広告代理店及び新聞会社の営業担当者のさじ加減ひとつで異なる価格です。
勿論大よその金額は提示出来ますが、最初の打ち合わせより最終的に低く抑えられる事が往々にしてあります。



人脈と経験をフルに活かして、労力を惜しまず商談する事がポイントです。