家で水漏れが起きたら

トイレの水を流すと汚水が逆流して水漏れが起きてしまうことがあります。



トイレの水漏れの原因としては、トイレットペーパーや排せつ物、異物などが詰まってしまうことや水圧不足、配管トラブルなどが挙げられます。水漏れが起きてもパニックにならないことが大切であり、まずは落ち着いて原因を考えてみましょう。
トイレットペーパーの詰まりなどが原因の場合、ラバーカップなどで解消できることもあります。



しかし、水に溶けない異物の詰まりが原因の場合、専門の業者に修理を依頼した方が良いでしょう。



また、水がずっと流れているという症状もトイレの水漏れではよくあるケースなのですが、タンク内のポールタップという部品の破損が主な原因です。ポールタップとはタンク内にある部品の一つであり、ホームセンターなどで購入することができます。



このようなものを購入すれば自力で修理することもできますが、自信がない場合は専門の業者に依頼した方が良いかもしれません。



ポールタップの破損以外の原因としては、タンクのひび割れや給水管のひび割れ、連結部の緩みなどがあります。



これらは自力で修理することは難しいため、業者に相談した方が良いでしょう。

また、流したトイレの水が止まらないという症状もよくあるのですが、まずタンクを開けてフロートバルブとボールタップを点検します。



これらを正常な位置に手で戻すことで応急処置はできますが、部品が故障している場合は交換する必要があります。



関連リンク

使いやすいキッチンリフォーム


細かい調理道具やストック食品などでごちゃごちゃしやすいキッチンですが、毎日作業をする場所なのでスッキリさせたいものです。「限られたスペースを有効に活用したい」という理由から、キッチンリフォームを希望するご家庭が増えています。...

キッチンリフォームと使いやすさと


キッチンリフォームを行う時、重視しておきたいのが使いやすさです。使いやすいキッチンにリフォームしたいと考えた時に、重要になってくる事のひとつが、キッチンの高さです。...